パソコン用語【プロバイダー】

パソコン用語で当たり前に使っているプロバイダーという言葉ですが、プロバイダーの正式な呼び名はインターネットサービスプロバイダー(ISP)と言われます。

プロバイダーとはご存知の通りインターネットの接続サービスを提供しているもので、主なサービス内容としては、電子メールアカウントの提供 、ウェブページ公開用スペースの提供、また、ISP独自によるポータルサイトを運営しており、併せてコンテンツサービスを提供する業態が一般化しています。

基本的にインターネットをつなぐ環境を作る際はプロバイダー契約が求められます。

日本の最大手プロバイダー4社は次の通りです。

最大手プロバイダー4社へ

posted by パソコン用語 | パソコン用語【プロバイダー】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコン用語の中で出てくる言葉にドメインという言葉があります。

ドメインとは日本語訳では所有地、領域、分野などと訳されます。

パソコン用語ドメインとは主にホームページを作成する際に、独自ドメインという言葉でよく目にします。

独自ドメインとはいわゆるホームページを特定する住所のようなものです。○○.comや○○.jpといった○○に入る英数字を独自の英数字を組み合わせることで、あなた自身のオリジナルのドメインをつくることができます。

独自ドメインを作る際には有料となる場合がおおいです。

独自ドメインをとってサーバーと言われるホームページを置くスペースを借りることで、あなた自身のオリジナルホームページを作ることができます。

posted by パソコン用語 | パソコン用語【ドメイン】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコン用語【CPU】

CPUは、プログラムによって様々な数値計算や情報処理、機器制御などを行うコンピュータにおける中心的な回路で、中央処理装置あるいは中央演算処理装置とも言われています。

CPUは記憶装置上にあるプログラムと呼ぶ命令列を順に読み込み、解釈し、その結果に従ってデータの移動や加工を行う。

CPU外部には表示装置や通信装置、補助記憶装置などの周辺機器や主記憶装置が接続され、データやプログラムのやりとりを行います。

CPUを用いたプログラムによるコンピュータの動作をストアードプログラム方式と言い、ほとんどのコンピュータアーキテクチャの基本原理となっています

posted by パソコン用語 | パソコン用語【CPU】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。