プロバイダー日本最大手の4社とは

プロバイダー日本最大手の4社とは



BIGLOBE(NECビッグローブ)
日本最高レベルの超高速バックボーン+トップレベルのコンテンツ量で1320万人のユーザーを抱えるフレッツ最大手。パソコン通信でニフティサーブと並ぶ大手であったNECのパソコン通信事業PC-VANとNECのISP事業旧Meshが前身。



OCN(NTTコミュニケーションズ)
NTTグループ企業のサービスだけにバックボーンは大容量。



@nifty(ニフティ)
パソコン通信時代からの老舗。ケーブルテレビ系プロバイダとも提携。



Yahoo! BB(ソフトバンクBB)
ADSL、光ファイバー回線などのブロードバンド回線事業とプロバイダ事業が一体となったサービス形態のみ。パソコン通信やインターネットのダイアルアップ接続の時代から遅れてのサービス開始だが、ADSL分野にて業界格安をPRし、大きくシェアを伸ばしてきた。



posted by パソコン用語 | パソコン用語【プロバイダー】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコン用語で当たり前に使っているプロバイダーという言葉ですが、プロバイダーの正式な呼び名はインターネットサービスプロバイダー(ISP)と言われます。

プロバイダーとはご存知の通りインターネットの接続サービスを提供しているもので、主なサービス内容としては、電子メールアカウントの提供 、ウェブページ公開用スペースの提供、また、ISP独自によるポータルサイトを運営しており、併せてコンテンツサービスを提供する業態が一般化しています。

基本的にインターネットをつなぐ環境を作る際はプロバイダー契約が求められます。

日本の最大手プロバイダー4社は次の通りです。

最大手プロバイダー4社へ

posted by パソコン用語 | パソコン用語【プロバイダー】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。