パソコン用語【CPU】

CPUは、プログラムによって様々な数値計算や情報処理、機器制御などを行うコンピュータにおける中心的な回路で、中央処理装置あるいは中央演算処理装置とも言われています。

CPUは記憶装置上にあるプログラムと呼ぶ命令列を順に読み込み、解釈し、その結果に従ってデータの移動や加工を行う。

CPU外部には表示装置や通信装置、補助記憶装置などの周辺機器や主記憶装置が接続され、データやプログラムのやりとりを行います。

CPUを用いたプログラムによるコンピュータの動作をストアードプログラム方式と言い、ほとんどのコンピュータアーキテクチャの基本原理となっています

posted by パソコン用語 | パソコン用語【CPU】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。